スポンサーリンク

ブログ主の経歴

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。
このブログを管理しているJobbbbです。
(bは4つと覚えてください)

このページでは私の経歴をかんたんに列挙しています。
だいたい3年周期で転職をしてしまう良い意味でジョブホッパー悪い意味で飽き性で長続きできない人間です。
紆余曲折ありましたが、それでもなんとか生きていけています。

5社経験してきた私の経歴

経歴仕事内容年齢
1社目IT派遣会社汎用機オペレータ21~23歳
2社目IT派遣会社汎用機オペレータ23~26歳
ニート
無職
フリーター
26~29歳
3社目WEB企業サーバの運用監視29~33歳
4社目IT派遣会社社内サーバ保守
要件定義・設計
33~36歳
5社目メーカー社内SE36歳~
(現在)

【1社目】IT派遣会社 汎用機オペレータ(21歳~23歳)

IT派遣会社に正社員として採用、出向先の企業で汎用機のオペレータをしていました。

勤務内容など
もちろん企業や使用メーカー、機器によって若干内容は異なるが具体例としては

システム運用、管理、保守
オンラインシステム監視
複数のジョブ(バッチ)の管理
データのインプット(キー入力、オープンリール、カートリッジ等)
データのアウトプット(紙媒体、オープンリール、カートリッジ等)
システム開発者の指示によりスクリプト言語(JCL等)の修正を行う場合もある。
引用:汎用機オペレータ

24時間365日、3交代のシフト勤務。
仕事内容的にはジョブ(バッチ)が正常に動いていることの確認、異常があれば報告と仕事内容はだいぶ楽でした。
その分、賞与も少なく夜勤手当があってようやく生活できるレベルで当時の年収は270万円くらいでした。
転職しようかと考えていたところ、同じ現場の別派遣会社の先輩に引き抜かれ転職しました。

【2社目】IT派遣会社 汎用機オペレータ(23歳~26歳)

1社目と同じ現場で仕事内容も同じ汎用機のオペレータをしていました。
業界でも大手の派遣会社だったので基本給も少しあがり、賞与も出て年収は300万円くらいでした。

おそらく私の人生の岐路はここでした。
なにごともなければ順風満帆に過ごせていたんだろうなと今となっては思います。
日勤と夜勤の繰り返しにともなう体内時計の異常、人間関係のストレスにより体調不良に陥ります。
症状としては一定周期ごとに訪れる『吐き気』と『鼻血』です。

平日だろうが休日だろうが肉体的にも精神的にも休まることはなく辛かったですね。
夜勤を辞めて日勤だけにしてもらいましたけど、それでも体調は治らず次の就職先も決まっていないまま退職しました。

ニート&無職&フリーター時代(26歳~29歳)

人生の中でいちばん暗黒面(ダークサイド)に落ちていた時期です。
逃げるように実家へ帰り心療内科に通いつつ、失業手当で生活していました。
朝起きてニコニコ動画を見たりゲームして、1日を過ごす日々。
働いている時の休日はあっという間に過ぎてしまうのに、無職の時は時が経つのが遅く感じました。

この時の話はまた別記事にて書く予定です。

無職を3年経験して感じた5つのメリット
仕事をしていると仕事をしたくない、無職になりたいと思いがちです。じっさい無職を3年間、経験したことのある私が無職のメリットについて5つまとめてみました。
無職を3年経験して感じた5つのデメリット
仕事をしていると全てを投げ出してしまいたく時ってありりますよね。「しばらく無職で生活したい」「ストレスから解放されたい」...

【3社目】WEB企業 サーバの運用監視(29~32歳)

ハローワーク経由で応募し採用されたWeb企業です。
サーバの運用監視業務を含め、いろいろ1人に任せられる業務が多かったです。
(サーバの運用監視:人間で例えるなら血液検査とか内視鏡のようなイメージでOK)

出向してきている人からパワハラを受けたり、定時に帰ることで他部署から妬まれたりと職場環境は限りなくブラック体質でした。

当時の給料は低く、年収280万円くらいでした。
「こんな職場、ずっと働きたくない!ぜったいに抜け出してやる」
リクルートエージェントを利用して、年収100万円アップの転職に成功するのです。
詳しい体験談は下記のリンク先をご参考ください。

リクルートエージェントは評判が悪い?転職できた私の体験談。
リクルートエージェントの口コミの中で「事務的」「冷たい」、「希望の合わない求人を紹介された」「適切なアドバイスをもらえなかった」等があげられます。実際、利用した感想をもとにわかりやすくまとめています。

【4社目】IT派遣会社 社内サーバ保守 要件定義・設計(32~35歳)

前職で社内環境の人間関係のわずらわしさに嫌気がさし、再びIT派遣会社に入社しました。
年収は前職が仕事内容に対して少なすぎたのか、年収380万円に上がりました。

業務内容は出向先によって変わりますが、3社経験して下記のとおり。
・社内サーバの保守管理(データ取得・バックアップ・再起動)
・要件定義・設計(新しいシステムを実現する為の条件を決める)

とある出向先でとんでもないパワハラ上司がいる現場に出向。
高圧的、嘲笑する、人の意見はいっさい聞かない関わってはいけない人間でした。
『吐き気』や『手先が震える』といった症状がでて、本能で拒絶していると思いましたね。

とある出向先で指揮命令系統が3人ともバラバラで忖度する必要がある現場に出向。
手順書のレビューで本質的ではない箇所の修正を連発、そのせいで工数が大幅に遅延しました。

「派遣はガチャといっしょだ・・・」と絶望し退職を決意しました。

客先常駐のSESはやめとけ!と言われる理由。8年間客先常駐先(SES)で働いた元エンジニアが体験談をもとに3つのメリット・デメリットを語る
客先常駐のSESを8年間、経験したことある筆者が体験談をもとにメリット、デメリットをまとめています。

【5社目】メーカー 社内SE(現在)

一部上場企業で年収もあがり、人間関係も良好なのでほとんど文句なし。
しいて上げるなら、仕事内容がそこまでやりがいを感じにくいのが唯一の問題点ですね。

いままで社内SE自体、初めてだらけの経験ばかりで四苦八苦しています。
メイン業務の新システムの一部を1人で任せてもらえて、なんとか運用できています。

現職では拍が付いたら転職するかもしれません。
ただ年齢も年齢なので難しい気もします。

30代後半の未経験から社内SEに転職し1年目のリアルな年収を公開!
異業種のかたはもちろん、同業者の方でも年収って気になりますよね。そんなデリケートな年収の話、社内SEの年収を本記事では公開しています。

タイトルとURLをコピーしました