スポンサーリンク

仕事を辞めたい5つの理由と対策。マイペースな生き方をしよう!

働き方
スポンサーリンク

「仕事を辞めたい」
「仕事に行きたくない」
「会社に行くのが憂鬱(ゆううつ)だ」

誰しも仕事を辞めたいと思うことは1度や2度じゃないはずです。
なぜ仕事を辞めたいと思うのか?
その原因と対策をまとめてみました。
この記事を読んでいただければ、参考になれば幸いです。

仕事を辞めたい主な5つの理由と対策

  • 仕事にやりがいを感じない
  • 仕事が暇でやることがない
  • 収入のわりに仕事が忙しく残業が多い
  • 職場の人間関係が悪い
  • 体調不良が続いている

仕事にやりがいを感じない

「生活するために仕事をしている」
「やりがいよりもお金を得るのが仕事」

仕事をお金のためだと割り切っている人も多いでしょう。
しかしお金以外に得るモノがないと、作業感が増して仕事が苦痛に感じるのです。

「人からありがとうと感謝されたい」
「会社に実績として貢献したい」
「人を管理して成長して欲しい」

それらは全てやりがいです。
やりがいを感じながら仕事するのとしないのでは雲泥の差があります。
やりがいがないとお金のために最低限の仕事しかできず、自発的に動けなくなってしまいます。
会社への貢献はおろか、自身への成長にもつながりません。

対策

1日のやるべき仕事を挙げてみましょう。
期限が決められている仕事があるなら、期限よりも早く終わらせる方法を考えてみましょう。
いつもと同じ仕事があるなら、いつもより効率的にこなせる方法を考えてみるのです。

仕事を効率的にできると時間が短縮され、上司や同僚からの評価にもつながります。
身近なところから改善していくと、やりがいも見つけやすいです。

仕事が暇でやることがない

職種や業種によっては仕事が忙しい繁忙期と、仕事が忙しくない閑散期があります。
ここで問題とするのは仕事がない暇な状態が続いていることを指します。
社内ニートも当てはまります。

仕事がなく暇なのは、はっきり言って時間の浪費です。
お金は後からでも稼げますが、失われた時間は永久に返ってはきません。

収入のわりに仕事が忙しく残業が多い

「仕事が忙しすぎて残業するのが当たり前」
「仕事に行って家に帰ったら寝るだけの日々」

繁忙期があるのは仕方がありません。
一定期間が過ぎれば通常の業務に戻れますから。

しかし残業が毎日2時間以上、1年以上も続くような職場は当たり前ではありません。
そのまま超過労働を続けると、精神疾患を患う確率も上昇してしまいます。

残業ありきの長時間労働が1年以上も続くのは、肉体的にも精神的にも辛いと感じるはずです。
また厚生労働省は長時間労働の是正のため、時間外労働の上限を下記のとおり定めています。
​(※建設業、自動車を運転する業務、医師は除く)

  • 1ヶ月45時間
  • 年360時間(1ヶ月、約30時間)

1ヶ月の勤務日数を20日間として残業を毎日2時間するだけで月40時間。
1年続くと480時間となり、国が定めた残業時間の上限を超えてしまいます。

違反すると使用者へ6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金と決められています。

対策

取るべき方法は4つ。

  • 有給を使って1日、体を休める
  • 月の残業時間が45時間を超えそうならば、上司に相談し勤務時間を調整
  • 会社の労働組合に掛け合い改善要求を出してもらう
  • 転職する

残業が当たり前の職場はワークライフバランスを唱えられた現在でもあります。
超過労働により過労死など悲しい事件が起きるのもそのせいです。

よっぽど今の職場で働き続けたいと思っていない限り、転職をオススメします。
「毎月残業50時間してるんだぜ」なんて何の武勇伝にもなりません。
「おいおいブラック企業じゃないの?大丈夫?」と同情されるのがオチです。

体や精神が限界を感じるまで働くよりも、ホワイト企業に転職した方がよっぽど建設的です。

\求人件数№1/

職場の人間関係が悪い

退職理由としてあげられる理由が職場の人間関係です。
男性だと3位、女性では1位に位置するほど、働く上で重要な要因の1つです。

一般的な退職理由については下記の『【転職時の面接も大丈夫】退職理由につかえる5つの例文』で説明しています。

職場に配属されるまでどんな人間関係なのか、どんな人間性の上司なのか選べません。
実際にその職場で働いてみるまでわからない、パンドラの箱といえます。

私はいままで5回転職してきましたが、自分に都合のいい人間関係の職場はありませんでした。
パワハラ上司や嫌味をいう同僚、苦手な人間など必ずといって良いほど1人はいます。

対策

上司に相談するのも1つですが、正直あまりオススメできません。
子どもならまだしも成人している以上、人格や性格は固まっています。
たとえ注意などされたとしても、他人の性格を変えるのはコントロールできないからです。

自分自身の捉え方を変える、受け流すような考え方をするほうがストレスも減ります。

パワハラを受けている場合の対処方法は下記の『会社内でパワハラを受けている(受けた)時の5つの解決方法』をご参考ください。

体調不良が続いている

誰しも頭痛や腹痛、発熱といった軽い症状で会社を休むことはあると思います。
それらの症状は一時的なものであって、深刻に考える必要はない場合がほとんどです。

しかし長期間にわたって体調不良が続く場合は要注意です。
無理して働くまえに専門医にかかり診察してもらいましょう。
働けなくなってしまっては元も子もありません。

私自身も過去に出社時や勤務中に吐き気を催すことがありました。
心療内科で診察してもらったところ、うつ病一歩手前の適応障害と診断されました。
そのあと1ヶ月の休職期間に入りました。
あと一歩遅かったらうつ病になってしまい、働けなく可能性もあったので危なかったです。

対策

体調不良が続くようなら、該当する病院や心療内科に診察してもらいましょう。
体調が悪化してしまってはどうにもなりません。

仕事をするにも健康な体と健全な心があってこそ
です。
心と体、どちらが欠けても続けるのが難しく、休みながら自己管理するのが長く働く秘訣です。

仕事を辞めて働かずに生きていくのは不可能に近いから楽に生きよう

「仕事なんてしたくない」
「遊んで暮らしていきたい」

社会人になると誰もが1度は願いますよね。
私なんて1週間に1度、特に休み明けの月曜日はかならず思っています。

仕事をせず遊んで暮らす場合、どれだけのお金が必要か知っていますか?

仮に年収400万円で40年間、働くと400万円×40年=1億6000万円
さらにその40年間に厚生年金も支払うと400万円×18.3%×40年=29,280,000円
1億6000万円+2928万円=1億8928万円ものお金が必要です。
これだけあれば老後も問題なく過ごせそうです。

約2億円もの預金があれば、働く必要もなく仕事を辞めても問題ありません。

しかしこんな大金、ほとんどの人が持っていないでしょう。
サラリーマンの生涯年収がちょうど約2億円、定年まで働かないと到達できない金額です。

仕事に対する意識をすこし変えるだけで、楽に生きられる考え方を伝授します。

考え方を変える

新卒の22歳から定年まで65歳まで約40年間あります。
この40年もの年月をフルマラソンに置き換えるとわかりやすいです。

フルマラソンを「よーいドン!」と初めから全速力で走る人なんていませんよね。
スタミナ配分を考え自分に合ったペースでゴールに向かって走るはずです。
途中で足をくじいたり、転倒したり、スタミナが持たなくなったりする場合もあるはずです。
しかし、走れなくなっても、休み休み歩いてでもゴールを目指せばOKです。

つまり常に全力全開で仕事に取り組むよりも、マイペースで続けると気持ちも楽になります。

まとめ:仕事を辞めたい5つの理由と対策。マイペースな生き方をしよう!

仕事を辞めたいと思う理由対策
仕事にやりがいを感じないいつもの仕事を工夫して効率的に改善
仕事が暇でやることがない自分から仕事を作りに行ってみる
収入のわりに仕事が忙しく残業が多い定期的に体を休める。転職して環境を変える
職場の人間関係が悪い他人の性格は変えられない。自分の考え方や環境を変える
体調不良が続いている長期的に体調不良になっているのならば、診察を受ける

仕事を辞めることは簡単です。
しかし残りの生活資金には、約2億円近いお金が必要です。
現実的に考えると新卒から定年まで約40年、会社員として仕事を生活する必要があります。


仕事を辞めるか辞めないかで考えるのではなく、自分の体や心を第一優先で緩く働く。
最初から最後まで全速力で駆け抜けるよりも、自分のペースで仕事をするほうが楽に生きられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました