スポンサーリンク

オンライン飲み会やWeb(リモート)面接用のおすすめWebカメラ2選(5,000円以下)を紹介します。

就職・転職
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大にともない生活様式がガラリと変わりました。
会社に出社せず家で仕事するリモートワークしかり、会議も対面ではなくリモートで行われるようになりました。
就職・転職面接もしかりWeb(リモート)面接を導入している企業が増えています。
求人者側も合わせてWebカメラを用意しなければなりません。
しかしいきなりなんの知識もない状態だと「どれ買えばええねん」と困惑していまいますよね。

本記事では初めてでもかんたん接続、安心価格で買えるWebカメラを紹介しています。
ご参考にしていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

この記事を読んで分かること

 

  • Web(リモート)面接用のWebカメラの選び方
  • Webカメラの特徴
  • Webカメラの『クリップタイプ』と『スタンドタイプ』の違い
  • Webカメラの『画角』とは?
  • Webカメラの『画素数』とは?
  • Webカメラ主要メーカー4社の比較
  • 5000円以下で買えるおすすめWebカメラ2選

Web(リモート)面接用のWebカメラはこの2つさえ買っておけば安心

  • 200万画素さえあれば相手の表情や口の動きを確認可能
  • 内蔵カメラ付きであれば『マイク』『スピーカー』不要
  • 高いWebカメラは不要。Webカメラは5,000円以内で購入可能

Webカメラの基本的な特徴

用途ビデオ通話Web(オンライン)会議動画配信
設置タイプクリップタイプスタンドタイプ
主なメーカーロジクール
(Logicool)
エレコム
(ELECOM)
バッファロー
(BUFFLO)
サンワサプライ
(SANWA SUPPLY)
機能画角画素数

Webカメラはパソコンと接続してパソコンの画面で自分と相手を映して会話する仕組みです。

『ビデオ通話』『Web(オンライン)会議』はどちらも用途としては同一です。
オンライン面接を始め、オンライン会議アプリである『skype』、『Zoom』、『Microsoft Teams』、『Google Meet』等があげられます。

『動画配信』に関しては『YouTube』、『Twich』、『Mildom』、『ニコニコ生放送』等が該当します。

今回の記事では就職・転職時の面接用なので前者の『ビデオ通話』『Web(オンライン)会議』用に焦点を当てています。(オンライン飲み会でも対応可能ですよ)

Webカメラの用途は『クリップタイプ』『スタンドタイプ』の2種類

かんたんな違い
  1. 『クリップタイプ』はディスプレイの上部に挟んで固定する機器です。
  2. 『スタンドタイプ』はパソコンの横に設置する機器です

設置タイプ『クリップタイプ』のメリット・デメリット

メリット
  • 取り外しや設置がかんたん
  • コンパクトサイズ
  • 持ち運びも楽に可能
デメリット
  • 挟める場所がないと難しい
  • 複数人で使用する場合、画角調整が必要
  • 高さ調整が不可能

設置タイプ『スタンドタイプ』のメリット・デメリット

メリット
  • ユーザーの位置に調整し設置可能
  • 画角が広く複数人での参加もかんたん
  • 高さ調整が可能
デメリット
  • 形状的にかさ張る
  • 持ち運ぶには不便
  • 設置場所(余剰スぺース)が必要

Webカメラの『画角』とは?

Webカメラに搭載されている実際に映る範囲を確度で表したものです。
人間で例えるならば視野です。人間ですと両目で同時に見える範囲は120度。

Webカメラの平均画角は75°程度とかなり狭まってしまいます。
しかし複数人を映す目的で120°を超える画角調整できる製品も存在します。

Webカメラの『画素数』とは?

パソコンやテレビに映し出される映像やデジタルデータは、実は無数の点により構成されています。
その無数の点の数を表す表記が『画素数』です。
多ければ多いほどより鮮明にきれいに映し出されます。

10万画素のカメラで撮った写真と100万画素カメラで撮った写真。
よりきれいに撮れているのは、100万画素で撮った写真なのは言うまでもありません。

下記のリンク先の『ニッポン写真遺産』様で比較している写真がわかりやすいですよ。

「画素数」と「解像度」(上)|豆知識|コラム|写真やアルバムのデータ化・デジタル化サービスならニッポン写真遺産
朝日新聞社のアルバム・古写真デジタル化サービス「ニッポン写真遺産」。コラムの「豆知識」コーナーで、写真のデジタル化を検討する際に役立つ、「画素数」と「解像度」の意味について、詳しく解説しています。

Webカメラの主要メーカー4社の製品ごとの比較表

製品名画素数画角
ロジクール
(Logicool)
BRIO ULTRA HD PRO WEBCAM
C930E BUSINESS WEBCAM
C930E BUSINESS WEBCAM
885万
300万
300万
65°、78°、90°
90°
78°
エレコム
(ELECOM)
UCAM-C310FBBK
UCAM-C520FBBK
UCAM-C520FEBK
UCAM-C750FBBK
UCAM-C980FBBK
100万
200万
200万
500万
800万
54°
54°
68°
66°
68°
バッファロー
(BUFFLO)
BSW100MBK
BSWHD06MBK
BSW200MBK
BSW500MBK
100万
120万
200万
200万
65°

120°
120°
サンワサプライ
(SANWA SUPPLY)
CMS-V37BK
CMS-V41BK
CMS-V45S
CMS-V40BK-3
CMS-V40BK
200万
200万
200万
500万
500万

60°
65°
55°
55°

Web(リモート)面接用のWebカメラに求める3つの項目

①内蔵マイクの有無

Webカメラを使用する際、自分が話すための『マイク』、相手からの声を拾う『スピーカー』が別途必要になります。
Webカメラの中にはマイクが内蔵されている製品があります。
マイク内蔵タイプであれば『マイク』『スピーカー』も別途用意する必要はありません。

②画素数

前述のとおり画素数は記載されている数値が大きければ大きいほどきれいに映ります。
かといってパソコンの処理能力(スペック)が低いと、不鮮明になり支障をきたしてしまいます。
相手の表情や口の動き、資料の確認等を把握であれば200万画素以上を目安としましょう。

ちなみに私がこの記事を書いているノートパソコン(内蔵カメラ)でカメラ起動したところ、表情や口の動きは問題なく確認できました。画素数は100万画素でした。

③価格

Webカメラも下は1,000円から上は20,000円以上とピンキリです。
あなたの利用用途がWeb(リモート)面接やリモート会議程度であれば、高価なWebカメラは必要ありません。
5,000円以下で買えるWebカメラで事足ります。

Web(リモート)面接におすすめ!5,000円以下で買えるWebカメラ2選

まず1つ目はエレコムから出しているWebカメラの『UCAM-C520FBBK』です。

  • パソコンとWebカメラをUSBケーブルでつなぐだけでかんたん接続
  • 1600×1200ピクセルの200万画素
  • 内蔵マスクを搭載
  • イヤホン付き
  • 3,000円以下で購入可能
  • 『WebCamアシスタント』をインストールすることでYouTubeへの投稿や編集可能(Windowsパソコンのみ)
  • パソコンとWebカメラをUSBケーブルでつなぐだけでかんたん接続
  • フルHD(1920×1080)ピクセルの200万画素
  • 内蔵マスクを搭載
  • 広視野角(120°)により複数人の会議にも対応
  • 5,000円以下で購入可能
  • 盗撮や消し忘れ防止の『プライバシーシャッター』機能

コメント

タイトルとURLをコピーしました